ビットコインバブルを利用しろ。

ビットコインで堅実投資はできる。今こそビットコイン積立を始めよう。

これから仮想通貨が再度高騰する理由

2021年4月14日に最高値の700万円を更新してから下落に下落を重ねて400万円以下まで下がったビットコイン。この下落でそのほかの仮想通貨も軒並み暴落して50%近く下がった銘柄もあるほどです。

 

私は今こそ利益を最大化できる絶好のチャンスだと思っています。理由は仮想通貨市

場、特にビットコインに対して世間的な追い風がかなり吹いているので、ビットコイン価格の上昇トレンドは続き今回の調整局面(一時的な下落)は中・長期的に見れば絶好の買い時になるからです。

 

ではビットコインが高騰すると思う『追い風』とは何か解説していきます。

 

機関投資家が次々参入

2020年の後半からアメリカのマイクロストラテジーやスクエア、そしてテスラモーターズなど名だたる大企業がビットコインに対して巨額の投資を行っています。

 

この投資の意図はこれから来るであろう大きなインフレへの対策です。

新型コロナウイル(以下新コロ)によって停滞した経済を活性化させるために政府は補助金や給付金といった形で国民にお金をバラまき続けています

 

しかし、新コロによってお金は循環しにくくなりましたが、お金の絶対量が減っているわけではないので、バラまいているお金は新たに発行されまくったお金です。つまり世界のお金の絶対量はここ数ヶ月で一気に増えているんです。

そうなると通貨の価値はだんだん下がり、相対的に物価の価値が上がる「インフレ」の状態になってしまいます。

そこで企業は政府が勝手に増やせる通貨より誰も勝手に増やすことのできないビットコインの方が信用できるという判断を下してビットコインを大量に購入したのです。

 

結果的にこの判断は功を奏し、ビットコインに投資を行った企業は莫大な含み益を得ています。

そしてこの結果は他の企業が仮想通貨投資を行う後押しとなり、次々とビットコインを購入する企業が現れておりその連鎖はとどまりません。

 

また、アメリカの大手銀行であるバンク・オブ・ニューヨーク・メロンビットコインをはじめとする仮想通貨の保管・振替サービスを行うという事を公表しました。

 

本来銀行にとって仮想通貨は従来の通貨の存在を脅かすためあまり歓迎されるものではないと思うのですが、もはや大企業や個人投資家によるビットコイン投資の新たな流行は無視できないものとなっているのです

 

このようなアメリカの動向を見てついに日本の機関投資家も仮想通貨投資に参入し始めました!

hedge.guide

東証1部上場企業のネクソンが110億円以上のビットコイン投資を行ったようです。

 「ビットコイン流動性の高い長期的な安定資産であり、将来投資における現金価値を維持するものだと考えています」とのこと。

こういう事例が一件でも出ると次々参入されることが見込まれるので、ビットコインに対しては大きな追い風となり、さらなる高騰が期待できると私は思います。

 

今すぐビットコインを購入したい方は↓をクリック

コインチェック

 

 

 

米国銀行の本格参入

アメリカの銀行は既存の銀行口座でビットコインの取引が行えるサービスを行えるよう着々と準備を進めているようです。

何百という銀行がこの準備をおこなっており、早ければ2021年内にサービスを提供できるようになる見通しです。

これらのサービスが実現すれば機関投資家個人投資家はわざわざ仮想通貨取引所を通してビットコインを購入する必要が無くなり今までよりも格段に流動性が高まることが予想されます。

銀行でビットコイン取引サービスが行えるというシステムは恐らくアメリカだけに留まらず、世界に波及すると思います。そもそもビットコインは自国通貨が安定しているアメリカや日本よりも通貨価値の変動が激しい新興国の方が需要が高いので、アメリカで事例が確立すれば世界的にこのサービスが普及するのは時間の問題だと思います。

 

日本の銀行は腰が重いので中々参入まで時間がかかると思いますが、アメリカではやっているものはいずれ遅れて日本ではやるので、日本の銀行もビットコイン取引サービスを行うでしょう。

 

そうなると既存の取引所は存在価値が薄まると思うので、マネックスグループやCOINBASEに投資している人はこのニュースをかなり深刻にとらえた方が良さそうです。

とは言えまだビットコインを購入するには取引所を使わなければならないので、このニュースによって取引所でビットコインを購入するユーザーが増えることはほぼ間違いなく、短期的には取引所の株価は上昇すると思います。

 

 

以上、私が思うビットコインが高騰すると思う『追い風』です。

他にも「半減期による発行コストの上昇」や「PAYPALビックカメラなどでの実需増加」など追い風はたくさんあるのですが、それは別記事で書いたので今回は割愛します。別記事↓

binancecoin.hatenadiary.jp

 

ビットコイン買いたくなったけど「買い方がよく分からない。」「手数料などが不安」という方にはこの記事↓

binancecoin.hatenadiary.jp

これさえ読めばお得に安心してビットコイン投資を始められます。

 

ここまで読んで下さりありがとうございました!

ビットコインの可能性をもっと多くの人に知ってもらいたいので、友人・家族・SNSなどでこの情報を広めていただければ幸いです!

 

f:id:SHIBATAAA:20210507184353p:plain