ビットコインバブルを利用しろ。

ビットコインで堅実投資はできる。今こそビットコイン積立を始めよう。

『NFT 仮想通貨 とは』と検索したあなたへ。分かった気になれる仮想通貨ざっくり解説

NFTが熱い。」「NFT銘柄に投資したら儲かる。」「NFTで資産が10倍になりました。

そういう噂を聞いてNFTに興味を持ったものの、そもそもNFTって何…?と思っている人は多いと思います。

 

そこでこの記事ではNFTについて、仮想通貨用語を一切使わず(使うときはその都度説明)できるだけ噛み砕いてあ~、なるほど。何となく分かったわ。』と言ってもらえるように解説いたします。

 

まずはざっくり分かった気になりましょう!

 

NFT=非代替可能→とは??

NFTと調べると「非代替可能」という言葉がついて回ると思いますが、非代替可能とはなんぞやと思いますよね。

 

この非代替可能を理解するにはまず代替可能つまり等しく交換できるものが何か分かるとすんなり理解できます。

 

等しく交換できるものというのはお金や金・銀・プラチナなどのことです。

 

1万円はどこの誰が持っていても1万円の価値だし、金はどこで採れた金だって等しく1gいくらと相場が決まっています。

 

例えばデブで禿げた小汚いおじさんが持っている1万円もキムタクの持っている1万円も、1万円としての価値は同じですよね?

 

このようにどこの誰が持っていても、同じものとして等しく交換できるものは代替可能なものです。

 

では本題の非代替可能とは。さきほどの具体例をもう一度使うと

 

デブで禿げた小汚いおじさんがサインしたユニクロの白Tシャツとキムタクがサインしたユニクロの白Tシャツが同じ価値なはずないですよね?

 

もしくは私の家で飼っているチワワと隣の家のチワワ、私の愛用バックと同じ種類のおばさんが使っているバック。全く持って同じ価値ではありません。

 

そう、私たちの身の回りのものはほとんどが非代替可能。つまり等しく交換できないものだらけなのです。

 

NFTはデジタル世界の革命!?

さきほどの章で「非代替可能」とはどういうことかを理解していただけたと思います。

では、NFTとはどういうものなのかというと…

1つ1つ唯一無二と証明できる目印が入っているデジタルな物」です。

また、この「目印」には「どこで発行されて今誰の所有物なのか」という情報まで含まれているので、価値の証明にはうってつけなんです!

 

NFTの最もメジャーな使われ方は「ゲーム内のアイテム」です。

NFTの技術を使うと、例えば今まで代替え可能であった「鉄の剣」は代替不可能な「私が使った愛着のある鉄の剣」へと変身するのです。

 

このように代替不可能となれば唯一性が出るので激レアアイテムなんかはとてつもない価値がつくこともあります。

噂では億単位で取引されたのゲームアイテムも出現したとか…。

 

これほどの価値がつくもう一つの理由はNFTの技術によって、ゲーム外にもアイテムを持ち出すことができ、さまざまなプラットフォーム(取引できる場所)で取引が可能となった点です。

 

こうなるともはや現実世界の物と同じように考えられるのです。例えば現実世界の服はメルカリヤフオクなどさまざまなプラットフォームで取引可能ですよね。それと同じことがデジタル世界でも実現し得るのです。これはデジタル世界の革命と呼んでもいいでしょう。

 

さまざまな分野で使われるNFT

先ほどはゲームのアイテムを例に出しましたが、NFTの技術は「デジタルアート、音楽、電子チケット」など今まで著作権を無視してコピーされまくってきた分野に多く使われるようになりました。

 

特にデジタルアート分野はかなり活発にNFTが使われており、イギリスのオークションではNFT技術を使ったデジタルアートが約75億円で取引されたみたいです。

 

現実世界で言う「ピカソの絵」のように希少性需要が高まれば、デジタル世界でも同じように扱われつつあるということですね。

 

これからデジタルアート活動が活発になっていくと、日本のアニメキャラなんかはかなり相性いいんじゃないですかね。将来は尾田さん(作者)が直に書いたアニメのルフィとか、声優さんがオリジナルで録音した音声が高額で取引されていたりするかもしれませんね!

 

Coincheck NFT(β版)とは

Coincheck NFT(β版)とは要するにNFTの取引プラットフォームを作ろうとしているという事です。β版=試作品 という意味。

 

上で述べたようにNFTは現実世界の物と同じように考えられるので、コインチェックメルカリやヤフオクのようなことをNFT商品で行おうとしているのです。

 

開始直後はまだゲーム「マインクラフト」と「The Sandbox」のアイテムしか取り扱わないみたいですが、今後はアートやアニメ、マンガ、音楽などの分野も取り入れていくみたいなので、早めに買っておけば将来とんでもない金額に化ける商品なんかも出品されたりするかもしれませんね!

 

何にせよNFT分野は応用の幅が広く、可能性しか感じない技術なので今後の展開がものすごく楽しみです。

こういう将来性のあるものは「先行者有利性(先に参入した人が大きな利益を得れる)」が働くので、この機会にぜひNFTを利用してみてはいかがでしょうか。

 

コインチェックに登録して本人確認まで終了しなければ「Coincheck NFT(β版)」は利用できないみたいです。

また、今は登録者が激増しているので、本人確認にかなり時間がかかっているみたいです。登録予定の方はお早めに。もちろん無料ですよ!

コインチェック

 

コインチェックの登録方法はこの記事を読めば絶対大丈夫です。

これ以上ないくらいわかりやすく書きました。

binancecoin.hatenadiary.jp

 

今回の「分かった気になれる仮想通貨ざっくり解説」が好評であればまたやります!

読んでくださりありがとうございました。

f:id:SHIBATAAA:20210322161958p:plain